後で恥をかかないために知っておきたいご祝儀に関する基礎知識3選!

後で恥をかかないために知っておきたいご祝儀に関する基礎知識3選!

ご祝儀の相場はいくら?

結婚式に呼ばれたらご祝儀を包まなければいけないですよね。包む金額ですが友人や知人であれば3万円、会社の上司などは3万円~5万円、親せきや兄弟姉妹の場合は10万円が相場なんですよ。ただ友人の中にはまだ学生だったり社会人になりたてだったりして、あまりお金が出せない人もいますよね。そんな人は2万円でも大丈夫です。でも割り切れる数字はあまり良くないといわれているので、1万円札1枚と5千円札2枚といったように、割り切れないように工夫するといいですよ。


ご祝儀袋の選び方と書き方について!

ご祝儀袋はどんなものを選べばいいのだろうと、悩んでしまう人も中にはいるのではないでしょうか。結婚式のご祝儀袋は1度きりのお祝いという意味で、金銀または紅白の結び切りを選ぶようにしてください。またあわじ結びの水引がかかったものでも大丈夫ですよ。間違っても何度も結びなおせる蝶結びの水引は、選ばないようにしてくださいね。また袋の表面は「寿」や「壽」と書かれているものを選ぶ場合が多いですが、「御結婚祝」や「祝御結婚」でも大丈夫です。そして下段の中央には自分の名前を書くのですが、夫婦などで出席する場合は2人の名前を書いてくださいね。


ご祝儀を渡す時期はいつ?

ご祝儀は結婚式の当日に渡すのが常識だよねと、考えている人も多いのではないでしょうか。実はそうではないんですよ。本来は結婚式の前に渡すのがマナーです。時期としては結婚式の1週間前までに持っていくようにしましょう。また日本では日取りを気にする文化が昔からあり、ご祝儀を持っていく日は大安がいいとされているんですよ。ただ中には遠方に住んでいてご祝儀を持っていくことが出来ない人もいますよね。そんな人は結婚式当日、受け付けの人に渡しても問題ないです。



鶴岡八幡宮で結婚式を挙げたいなら最適です。厳かな雰囲気の中で、思い出深い挙式を実現することができます。