どこまでの関係の人を呼ぶ?結婚式の招待状を出す際の配慮

どこまでの関係の人を呼ぶ?結婚式の招待状を出す際の配慮

想定する結婚式の規模やコンセプトによって異なる

結婚式に呼ぶ人のチョイスの仕方には、自分達が行おうとしている式の規模や会場、そしてそのコンセプトが大きく関わってくるものです。例えばホテルの大きな会場を確保し人数的なキャパシティが大変大きい場合には、親しい知人・友人・親族以外にも交友関係のある広範囲の人に招待状を出す事が出来るでしょう。一方経済的な理由、あるいは親しい友人・知人に絞りホームパーティ形式での式を挙げたい場合は招待状を送る人数も少なくて済む筈です。


参加想定メンバーの都合も考慮する

大安や友引といった結婚式に都合の良い日取りを選択するのは大事ですが、そもそも招待状を送る想定参加メンバーの都合も考えなけれればなりません。自分達だけの都合で週明けの月曜日に式を挙げるとなっても、いくら親しくとも多くの人は式に参加するどころでは無くなってしまいますよね。少なくとも多くの人が都合の付け易い土日祝日をチョイスし、式の後に参加メンバーが落ち着いて帰宅可能な日程を確保すべきでしょう。特にリゾートウェディングは遠隔地にあるケースが多いですから、まとまって休暇が取得出来るシーズンを選択すべきでしょう。


参加想定メンバーの家族構成も考えて

結婚式は式場へのアクセスや拘束時間を始め、結構参加者に結構な負担を強いる事となります。特に想定される参加者が子供を連れて参加するとなった場合、子供への負担はより大きなものとなるでしょう。子供でも無理なく式に参加出来る様なスケジュールを組むと共に、飽きさせない内容や料理内容も考慮しておくべきでしょう。家族ぐるみで祝福出来ればその参加者も満足度が上がるでしょうし、間接的に式に参加した子供にとっても将来の憧れとなってゆくかも知れません。



福岡の結婚式場では、これから挙式を考えているカップル達にぜひ注目して欲しいサービスをご提供しています。